So-net無料ブログ作成

なた豆の口臭予防効果の記者会見

日銀が11日発表した企業物価指数(2010年平均=100)の5月速報は106・1となり前年同月比で4・4%上昇した。2008年10月の4・5%増以来、5年7カ月ぶりの高い伸び率。消費税の影響を除いた実質の企業物価指数は103・2で同1・6%の上昇。820品目のうちエネルギーや鉄鋼、機械など435品目が前年同月比で上昇。302品目が下落。日銀は需給が引き締まり「内需が落ちにくくなっている」と分析。「企業の価格設定は強気」に傾いている。 企業物価指数の5月速報は、4月1日の消費増税の経過措置対象品目だった「電力、都市ガス、水道」の税率引き上げが実施され、同品目の指数が139・0となり同14・1%上昇した。 消費税の影響を除いた前年同月比の企業物価動向は「振れつつもアップしている」(日銀)。電力では再生可能エネルギー固定価格買い取り制度の「促進賦課金単価」の引き上げなどが効いた。一方、建設需要はマンションに一服感があるが病院や商業施設、工場などの受注が引き続き堅調。このため鋼材など関連製品価格が上昇している。 中国リスクの一つとして銀行の不良債権問題が指摘される。貸出残高の推移をみると、リーマンショック前と後では、国内総生産(GDP)比100%から130%へ30%上昇している。4兆元の景気対策を理由に、融資の審査基準を緩め、無理して貸し付けたケースも散見される。景気が鈍化する中では、財務内容が脆弱(ぜいじゃく)な民間企業を中心に資金繰りに窮する事例が増える可能性がある。 同様に、シャドーバンキング(銀行以外の金融仲介業)の中核となっている「理財・信託商品」の資産規模も同時期に10%から40%へと上昇している。理財商品は銀行による運用ではなく本来、銀行の不良債権とは無関係のはず。しかし、当該商品は銀行の窓口を通じて販売されており、損失が出た場合、それを補填することも少なくない。 信託商品は主に不動産開発、地方のインフラ建設、生産過剰型素材企業向けに資金が流れる。これらの事業は信託商品以外に銀行からも資金を調達している。マンション在庫が売れ残り開発事業が破綻すれば、信託商品の投資家と銀行の共倒れとなる可能性が高い。 不良債権問題が深刻化した場合、信用収縮を通じて景気は低迷し、建設投資が不調となり、不動産価格も下落する。銀行の自己資本毀損(きそん)による信用不安が取り付けを引き起こす恐れもある。これを回避するために、不良債権を資産管理会社に移転し、資本増強のために公的資本を投入するのが一般的だ。 中国は、これを実行する「財政力」を十分に備えている。第一に政府債務の水準が低い。これまで、中国は財政政策に過度に依存することなく高成長を維持してきた。そのため、中央・地方政府の債務残高はGDP比50%台にとどまる。ユーロ加盟の条件であり、健全な水準といわれる「60%」を下回っている。 第二に財政出動のための立法上の手続きが容易なこと。一党独裁のため、公的資金に関する国民的論争を引き起こすことなく迅速な対応が期待できる。第三に経常収支が安定的な黒字を維持していること。すなわち国内は貯蓄超過の状況にあり、新規国債が国内で消化されやすいといえる。 ◇丸紅経済研究所所長 美甘哲秀 2000―13年の株価上昇率が新興企業向け米株式市場のナスダックで第2位と、米アップルに次ぐ成長株の研究用試薬メーカー。23万品目と業界随一の製品数を誇る。その製品カタログはまるで辞典だ。有機化学やバイオなど幅広い領域で試薬が使われ、科学論文への採用率も非常に高い。同社の試薬が関係する論文は研究者の自主報告分だけで毎週数百本に上る。 大学や研究機関、企業の研究者は試薬とともに時間を買う。同社の持つ豊富な製品が革新的な論文を生み、追試実験にも同じ製品が使われる好循環を実現してきた。超少量多品種のサプライチェーンが好循環の推進力だったが、最近はなた豆の価格競争も激化。そこでグローバルでビジネスモデルを改革中だ。 研究の実験デザイン段階からコンサルティングすることで研究者を囲い込もうとしており、日本法人の秋山一社長も「提供する価値を製品からコンサルティングにシフトする」と意気込む。口臭予防化学合成や抗体製造、分析など実験フローに合わせた試薬や実験系を提案し、ゆくゆくは論文や研究室の「丸ごと支援」を目標としている。 〈企業データ〉 本社=米ミズーリ州セントルイス、設立=1975年、売上高=27億ドル(13年12月期)、業種=研究用試薬、クロマトグラフ(化学分析手法)関連製品などの製造販売、日本法人米シナプティクス(カリフォルニア州)は11日、ルネサスエレクトロニクス子会社のルネサスエスピードライバ(RSP、東京都小平市)を買収すると発表した。買収額は約485億円。シャープが保有するRSPの全株式(25%)も取得する。スマートフォンのタッチパネル関連部品を手がけていることから、中小型液晶向け駆動用ICを取り込み、製品力を強化、事業拡大を目指す。 (電機・電子部品・情報・通信1に関連記事) 都内で会見したシナプティクスのリック・バーグマン社長兼最高経営責任者(CEO)は「当社にとって過去最大規模の買収。他社にはない製品やソリューションを提供できる体制が整う」と狙いを述べた。 同社はスマートフォンに搭載する指紋認証センサーなどの部品開発が強みで、売上高は2014年3月期で8億6300万ドル(約880億3500万円)。ビジネスの対象となる市場規模は「買収完了後、現状の1・5倍に広がる」と見通す。 RSPの工藤郁夫社長は「当社が最もシナジーを出せる相手だ」と期待。社員の処遇について「全員に仕事継続を申し出たい」と述べた。

両親多額の借金免除!

過払い金とは払い過ぎた利息のことを言います。利息制限法という法律に基づき、過払い金を返してもらう手続きを過払い金返還請求と言います。元金の返済は終わっているのにいつまでも借金が無くならなかったり、特定の貸金業者との取引が長い場合、過払い金発生している事があります。利息を払い過ぎている可能性があると思うなら、弁護士等に相談してみて下さい。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。